脊柱管狭窄症は早めに治療しよう|健康への扉

看護師

前庭神経から発生する腫瘍

困る

バランスの神経である「前庭神経」から発生する脳腫瘍を「聴神経腫瘍」と言います。主な症状が聴力の低下、めまい、耳鳴りなどです。聴神経腫瘍は良性腫瘍の為、治療として経過観察が選択されることも少なくありません。現在治療は放射線治療が主体であり、腫瘍が大きい場合にのみ開頭による外科手術が選択されます。

もっと読む

第4のがん治療

お花

現在のがん治療では抗がん剤を使ってがん細胞を減らす治療が欠かせませんが、重い副作用が問題となります。患者自身の免疫細胞を活用した免疫細胞治療は抗がん剤に替わる可能性を秘めています。免疫細胞治療によってがんの再発を防ぐことができる上、患者はつらい副作用から解放されるのです。

もっと読む

理想的な顔になろう

患者

神戸などにある整形外科では本格的な切開からプチ整形まで、予算に応じた施術を受ける事ができます。このサービスではリフトアップからスキンケアまで対応しているため、今後はたくさんの人達が利用することになるでしょう。

もっと読む

脊柱管に起こる疾患

困る

背骨は椎骨が連なってできています。椎骨には椎孔という空間があり、椎骨が連なっていることで椎孔が細長い管のようになっています。これを脊柱管と言い、脊柱管の内部には神経と血管が存在します。そして、何らかの原因によってこの脊柱管に狭窄が起こることで、脊柱管内部の神経と血管が圧迫され、それによって痛みや痺れなどの症状が現れる疾患を脊柱管狭窄症と言います。脊柱管狭窄症は特に腰椎に多く発生します。この場合には腰部脊柱管狭窄症と呼ばれます。腰部脊柱管狭窄症で見られる症状は、腰痛、腰の違和感、足の痺れ、歩行障害、間欠性跛行などです。間欠性跛行とは、歩行の際に痺れなどが現れ、しばらく休むと再び歩けるようになるという症状です。腰部脊柱管狭窄症で見られる特徴的な症状のひとつとされています。

腰部脊柱管狭窄症に対して行われる治療は、保存療法や外科手術です。痛みや痺れの症状がかなり強く現れている場合や、日常生活に支障をきたしている場合には、手術による治療が行われます。しかし、手術によって神経や血管を傷つける可能性があるため、安易に手術が適用されるものではありません。症状がそれほど深刻でなければ、保存療法による治療が行われることが多くなります。保存療法では痛みや痺れに対する対処療法に加え、症状を出現させないような生活を送ることを心がけるように指導されます。長時間立ったり歩いたりすることは極力避けるようにします。また、杖などの歩行補助具やコルセットの着用なども症状を出現させないために有効とされています。痛みに対する直接的な治療は薬物療法を行います。血行改善薬、消炎鎮痛薬、神経ブロックなどがあります。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症は早めに治療しよう|健康への扉 All Rights Reserved.