脊柱管狭窄症は早めに治療しよう|健康への扉

医療器具

第4のがん治療

お花

免疫細胞の有効活用

現在のがん治療では外科手術や放射線による悪性腫瘍の切除・破壊に加え、抗がん剤治療も欠かせなくなっています。血流に乗って全身に広がるがん細胞は、増殖による転移の危険性を持っています。手術や放射線ではそれらの小さいがん細胞を除去できませんが、抗がん剤を使うことでがん細胞の増殖を防ぐことが可能になるのです。しかしながら抗がん剤は正常な細胞も攻撃します。そのため吐き気や嘔吐、発熱・倦怠感・食欲不振・口内炎・脱毛などさまざまな副作用を引き起こします。重い副作用がネックとなって、抗がん剤の使用を中止せざるを得ないケースも出てくるのです。免疫細胞治療は患者自身の免疫細胞を使ってがん細胞の増殖を抑える治療法です。抗がん剤より副作用が少なく、技術の向上によりがんの再発防止効果も高まっています。

副作用からの解放

免疫細胞治療で使われる免疫細胞にはさまざまな種類があります。がん細胞殺傷能力に優れたNk細胞を活性化させる方法は、多くの病院で採用されている代表的な免疫細胞治療です。その他にも、がん細胞に対する攻撃力が最も高いTリンパ球を活性化させる方法、免疫細胞の司令塔役・樹状細胞を攻撃の仲介役に利用する樹状細胞療法などがあります。いずれの免疫細胞治療も患者自身の免疫細胞を活用するため、副作用のほとんどない点が大きなメリットです。特に樹状細胞療法はがん細胞だけを狙い撃ちにする精度に優れているため、今後の技術向上が最も期待される治療法です。がん再発予防としては抗がん剤の使用がまだまだ主流ですが、副作用のほとんどない免疫細胞治療を導入する病院も増えてきました。将来的には多くのがん患者がつらい副作用から解放される日が来るものと期待されるのです。

Copyright © 2016 脊柱管狭窄症は早めに治療しよう|健康への扉 All Rights Reserved.